ガジェット・通信 生活向上

【ふるさと納税】一般サラリーマン家庭におすすめする返礼品【トイレットペーパー】

2022年8月1日

年末にバタバタと選びがちな「ふるさと納税」の返礼品。

ふるさと納税は1年中申し込みが出来る制度なので、余裕がある時期にじっくり吟味して選ぶ方が良い。

また、時期・季節によって選べる返礼品もあるので、狙っているものがある場合は、余裕を持って計画すべきである。

今回は、2022年度版として私がおすすめする返礼品を1つ紹介する。

2021年のおすすめも記事にしているので、興味がある人は合わせてみてもらいたい。

ポイントは「いつ頼んでも良い生活必需品」の選択である。

一般サラリーマンである私の家族構成

おすすめ返礼品の紹介として、一般サラリーマンである我が家の家族構成を説明する。

特に似たような環境の人は参考にして欲しい。

  • 四人家族(私・妻・子・子)
  • 子は二人共小学生
  • 一戸建て住まい

となる。

そして、

  • まだ子供が小学生なので、めちゃくちゃ食べ盛りとまではいかない時期
  • 一戸建てなので、ある程度モノを収納するスペースはある。

という環境だと思ってもらいたい。

ふるさと納税には楽天を利用

下記の記事で説明をしている通り、

「楽天ふるさと納税」は、対象の自治体を1店舗としてカウントするので、買い回り(ポイントアップ)の対象となる。

ポイントアップ時のセールや楽天スーパーセール等のタイミングで活用をすれば、高額なポイントを受け取ることが出来る場合もある。

ふるさと納税で得をするだけでなく、ポイント還元でも得をする。

二重にお得!!使わない理由がない。

ということで、私は近年のふるさと納税は楽天を活用している。

2022年おすすめ返礼品 トイレットペーパー

今年に限った話ではないが、返礼品を選ぶ上での持論が私にはある。

日常で利用する『生活日用品』を選ぶこと

実質タダで返礼品がもらえると思い、普段買わないような贅沢品を選んだ場合、それは単なる出費になる。

実質タダとは、必ず利用するものを返礼品に選択するからこそ成り立つのである。

 『消費するはずだった〇〇円が浮いた』 という使い方をするのが、賢い選び方であると考える。

となると、選択する返礼品は自ずと生活必需品になる。

そして、万が一の災害時などにも備えとなる品だと更に良い!!

このことから私は

  • ティッシュペーパー
  • トイレットペーパー

を必ず選択する返礼品として猛烈におすすめする。

もちろん、ビール等の嗜好品でも、返礼品に限らず必ず購入して消費しているものであれば、対象として良い選択である。

最近の返礼品にはビール好きには嬉しい商品がそれなりに揃っているのでね。

【ふるさと納税】ビール アサヒ スーパードライ Superdry 350ml 24本 1ケース


【ふるさと納税】 キリン一番搾り生ビール<千歳工場産>350ml(24本)


ただ、ビールなどのお酒類は飲まない人には無意味なおすすめになってしまうので、今回は万人が利用して、選択して悪いことは絶対にない商品を記載する。

岩手県一関市 倍巻きトイレットペーパー

今回おすすめする返礼品は、トイレットペーパー。

生活必需品であり、災害時の備えにもなり、長期保管していても腐ることがない。

それがトイレットペーパーである!!

従来私はトイレットペーパーと言えば、栃木県小山市の可愛らしい商品を選んでいた。

開運おやまくま プリントトイレットロール(12ロール8パック入/25m/ダブル)


可愛らしいだけでなく、コスパが高いのに品質に問題も無いため、非常に良い商品だから選び続けている。

しかし今年は、気になる商品を見つけたのでそちらを購入してみた。

それが、岩手県一関市の

【ふるさと納税】トイレットペーパー ダブル 2倍(72個/50m)長巻き 再生紙 100% 無香料 倍巻き


である。

何が特徴かというと、倍巻ロールということで一般的な商品と比較し、2倍お得に利用できると言うことだ。

小山市のおやまくまトイレットペーパーは、96ロールで1万円というコスパの良い商品だったが、岩手県一関市 倍巻きトイレットペーパーは72ロールだが倍巻。

これはお得すぎる。使ってみない手はない。

として、今年はこちらを購入した。

購入結果

届いたイメージ

2セット購入したのだが、梱包がダンボールでなく包装となっている。

これは地味にありがたい。ぶっちゃけ大きなダンボールは場所を取るし処分時にかさばる。

包装であれば、使った分だけクシャッとしたり切ったり出来るし、丸めて捨てることが出来る。

包装優秀!!

おやまくまとの比較

2倍巻きだけあって、横幅は広くなっている。高さはおやまくまの方が若干高い。

ただ、パッケージの可愛さはおやまくまに軍配が上がる。

2倍巻の仕様確認

右が2倍巻きで幅107mm×長さ50m(ダブル)と記載ある。

左が一般的な仕様のおやまくまで幅114mm×25m(ダブル)となる。

本当に長さが2倍の2倍巻きだ!!

実物の比較

向かって右の無地が岩手県一関市 倍巻きトイレットペーパー

左が栃木県小山市の海運おやまくまトイレットペーパー

芯の大きさも考慮すると、ボリュームがぜんぜん違う。

正面から見たイメージ

やはり向かって右側の岩手県一関市 倍巻きトイレットペーパーの方がボリュームがある。

おやまくまのようなプリントの可愛さがない無骨な印象だが、お得に勝るものはない!!

実際に使ってみた結果

2倍巻きで一般的な仕様と値段が変わらないので、品質が悪いのでは?と心配した面もあったが、全く問題なかった。

普通に使う分には全く問題ないトイレットペーパー。

消臭機能や肌にめちゃめちゃ優しいという機能はないが、我が家はこれで十分。

というか、実際この仕様で十分な家庭が大半だろう。

発送に関しても、注文後、二週間程で届いたので、まったく問題なし。

倍巻き故にめちゃめちゃお得な商品になるので、超おすすめである!!

気になった方は、下記リンクをチェックしてみて欲しい。

【ふるさと納税】トイレットペーパー ダブル 2倍(72個/50m)長巻き 再生紙 100% 無香料 倍巻き


その他にもおすすめ品有り

今回はトイレットペーパーをおすすめ品として紹介したが、ティッシュペーパーも必ずおすすめしたい商品である。

我が家ではテッシュペーパーも栃木県小山市のおやまくまシリーズを毎年購入しているが、こちらも今年は変化を加えてみた。

栃木県小山市の「おやまくまではないテッシュ」である。

何故変更したかの理由含めて記事にしたいとは思う。

その他、食品系でのおすすめもあるので、整理でき次第で記事にするので、引き続きお付き合い願いたい。

-ガジェット・通信, 生活向上