ガジェット・通信 生活向上

【レビュー】定期的なストレスを削減する詰め替えポンプ【シャンプー】

2022年5月9日

日々の生活で必ず発生するシャンプー・トリートメントを使い切った後の入れ替え。

今や多くの人が詰め替えパックを利用し、「既製品のボトル」か「好みのデザイン・仕様のボトル」等に都度詰め替えているだろう。

経済的な面もあるが、環境への考慮も含め詰め替えパックを選択することは良いことである。

しかし、詰め替えには手間が必ず発生する。

単純に利用しているボトルに継ぎ足すだけであれば、そこまで手間ではない。だが、衛生面を考慮するとボトル内は洗って乾燥させた後に利用したい。

地味に手間であり面倒だ。残量が少なくなってきたタイミングで、無意識にストレスを抱えることになる。

そんな定期的な手間・ストレスから解放されるおすすめ商品を今回は紹介させてもらう。

アイメディア スリムna詰替用お手軽ポンプA-02 である。

一般的な詰め替えボトルやポンプの課題

詰め替え用のシャンプーやトリートメント、ボディーソープを利用するには、詰め替えボトルやポンプを利用するのが一般的。

ボトルの場合、自分の好みのデザインや形状が選べて、インテリアとして楽しめる面があるが、詰め替え時のメンテナンスは面倒である。

容器に液体を直接流し込むので、

  • 水が入り込んだ場合は雑菌が繁殖していることがある
  • 異なる銘柄を利用する際はきれいに洗う必要がある
  • 洗った場合は完全に乾燥させなければ、菌やカビの元になる

このような課題がある。

毎日利用するものだから衛生的に利用したい。しかし、衛生を保つためにはそれなりにメンテナンスの手間が掛かるのだ。

そのようなメンテナンスの課題を解決する商品として、詰め替えポンプがある。

詰め替えパックはそのまま利用し、先端にポンプを取り付けることで、交換時はパックを入れ替えるだけで良いという画期的な商品だ。

しかし、利用をすればわかるのだが、衛生的ではあるが交換時に手間・課題がある。

主な内容は

  • 詰め替え容器に適切なサイズの穴を開ける必要がある(ハサミを使う必要がある)
  • ポンプ部分の接続が甘いと液体が漏れてくる・劣化により液体が漏れる
  • 異なる銘柄を利用する際に、ポンプ内を洗浄することが難しい

自分好みのデザインを選んで機能性を捨てるか、機能性を重視しデザインを捨てるかの2択ではなく、どちらもそれなりに課題が残るのが現状である。

これでは定期的な手間やストレスを減らすことが出来ない。

機能面・メンテナンス性だけに特化した商品はないのだろうか。

あった。

アイメディア スリムna詰替用お手軽ポンプA-02 である。

アイメディア スリムna詰替用お手軽ポンプA-02 とは

created by Rinker
アイメディア(Aimedia)
¥539 (2022/10/03 15:29:01時点 Amazon調べ-詳細)

商品説明をそのまま引用すると

詰替用の袋ごとスッポリ!シャンプ―などの詰替に便利なディスペンサーです。
省スペースで持ちやすいスリムボトルです。500mlまでの詰替え用に対応しています。

となり、詰め替えボトルのように液体を移し替えるのではなく、袋ごと交換してしまうという商品だ。

公式商品ページより引用

詰め替えパックの切り口にポンプを指して、袋ごと容器に収納して利用する。

中身が無くなり交換をする際は、パックからポンプを抜いて交換するパックに差し替えてまた収納するだけである。

公式商品ページより引用

交換の手間はほぼ無いに等しい

では、衛生面のメンテナンスはどうなのだろう。容器の中に水が入ったりしてしまった場合、菌やカビが発生してしまうのではなかろうか。

公式商品ページより引用

心配不要だった。

底面に水切り穴があるので、ポンプの隙間から水が入ることがあっても容器内に溜まり続けることはない。

袋ごと入れるからこそ、底面に穴をあけることが出来る形状なのだ。

機能面・衛生面での課題が解決した

実際に我が家ではシャンプー・コンディショナー・ボディーソープの3つの容器を アイメディア スリムna詰替用お手軽ポンプA-02 に変更して利用している。

実際の使用イメージ

丁度シャンプーが切れたタイミングだったので、詰め替えイメージがわかる画像を載せる。

写真向かって右側の容器のシャンプーが切れたので、詰替えパックを取った状態。

中身を別容器に移し替える為に手で切る箇所に、ポンプを差し込む。

差し込んで蓋をして完成である。

どうしても斜めにポンプを入れるので、容器内で袋が歪な形状となるが、しっかりとポンプの先はそこまで届いてるので、中身を最後まで使い切ることが出来る。

この見た目が嫌な人は、詰替えパックの上部中央にハサミなどで穴を空けてポンプを差し込めば良い。

ただ、ハサミを使うとなると手間が一気に増える。

身内が使うだけであれば、この見た目でも問題ないとして、我が家では歪なカタチだがこのまま利用している。

コスパが高い

機能面・メンテナンス面でのおすすめポイントを説明してきたが、この商品の魅力は価格面にもある。

Amazonでは容器の色によって値段が変わるが、汎用的に利用できるホワイトならば482円で売られている。(2022/05/09現在)

ブルー・ピンクは770円だが、それでも安い。

中に入れるものによって色を使い分けたい人は異なる3色を選んでも良いかもしれない。

我が家はお風呂場に置いた時に、右から使う順番で シャンプー・トリートメント・ボディーソープ と並べているので、全てホワイトで統一している。

3つ買っても1,500円以下。最高のコスパ商品。

買わない理由がない

詰め替えパックからの入れ替えにストレスや手間を感じている人は、候補の一つにしてみてもらいたい。

created by Rinker
アイメディア(Aimedia)
¥539 (2022/10/03 15:29:01時点 Amazon調べ-詳細)

-ガジェット・通信, 生活向上