生活向上

【購入レビュー】ワークマン ヒータースーツジャケット で寒冷地出張を乗り切る

2021年10月20日

10月も半分が過ぎ、最近は朝晩めっぽう寒くなってきた。冬の到来だ。

冬は出張の多いサラリーマンにとって、服装に頭を抱える季節である。

特に東京等の首都圏から北海道への出張となった場合、気温差が10℃以上ってこともざらにある。

そうなると、どんな服装をしていけば良いのか困ってしまう。

今回はそんな悩みを解決するであろうアイテム『ワークマン ヒータースーツジャケット』を紹介する。

実際に購入をしたので、購入に至ったレビューを今回は記載し、別で使用レビューもまとめたいと思う。

首都圏から寒冷地への出張課題

冒頭で記載した通り、寒冷地への出張は服装に頭を悩ませる。

首都圏であればかろうじてコートが不要な気温であっても、寒冷地ではコートが必須。しかも厚手でないと寒い

ということが良くある。

出張で風邪をひくなんてことはしたくないので、厚手であったり・ダウン的なコート・ジャケットを毎度持参することになる。

けど、これってすごく荷物として嵩張る。

首都圏⇔飛行機の移動中では着用しない服なので、手に持つか鞄に入れるかしか出来ないのだ。

ただでさえ荷物が多くなる出張に、プラスで嵩張る服を持ち歩くのは、かなりの苦痛である。

文明の力を借りれば服は嵩張らない

寒冷地への出張にはアウターの手荷物が常に付きまとう状態であったが、最近はこの悩みが文明の力によって解決しつつある。

電熱を利用した服

服に科学の源である電気・電流を利用することで、寒さを『素材・生地の厚さ』で防いでいた時代に大きな変化をもたらしたのだ。

実は私は2年前からクラウドファンディングでリリースされた 電熱ジャケット Warm Geek の愛用者であり、電熱ジャケットの素晴らしさを身をもって体験している。

その為、寒冷地へ出張は Warm Geek を持っていけばいいのだが、10月であると首都圏は Warm Geek をアウターで着用する程の気温ではない。

残念ながら WarmGeek は極寒を想定して作られているので、それなりに厚みも重さもある。

首都圏内では手に持って移動するのは他と変わらず苦痛だ。

こんな感じで諦めかけていた状態の時に、最高の一品に出会った。

紹介をさせて欲しい。

ワークマン ヒータースーツジャケット

サラリーマンがビジネススタイルで使える嵩張らないけど暖かい上着。

コート等のアウター系しかないと頭に固定概念があった為、なかなか良いものが見つからない期間が続いた。

しかし、何気なく足を踏み入れた『ワークマン プラス』にて、運命的な出会いをした。

ヒータースーツジャケット

スーツの上着に電熱素材が付いており、バッテリーの力で発熱するのだ。

見た目は『スーツの上着』である。

素材がポリエステルなので、ウールの高級感はないが、ポリエステルだからこそ扱いやすさと加工のしやすさで、安っぽさは見られない。

後ろから見ても、見た目は 『スーツの上着』 である。

背中にヒーターが入っており、バッテリーから電源を供給する。

見つけた瞬間買っていた。あまりにも求めていた一品だったので、迷う余地が無かった。

しかも値段が4,900円。

普通のスーツジャケットよりも安い。

買わない理由がない。

意気揚々と帰宅した後の絶望感

じっくりとその性能を検証しようと帰宅後ルンルンに試着をし、いざバッテリーから給電をしようとした時に己の愚かさに気づかされた。

商品説明をしっかり見ていない私が悪いのだが、ワークマン ヒータースーツジャケット は一般的なUSB端子を接続するようなモバイルバッテリーからは給電が出来なかったのだ。

専用のバッテリーが必要だった。。。商品に付いているタグに書いてあった。

既に保有している電熱ジャケットのWarm Geekは一般的なモバイルバッテリーが使えるので、固定概念で使えるものだと思ってしまった。

一旦試着・検証を止め、後日ワークマンへ出向き専用のバッテリーをゲット!

バッテリーだけで4,900円。

ジャケットと同じ値段。

合計1万円近く。なんだかやるせない気持ち。

本体は非常に小さい形状なので、ポケットに入れても嵩張らないし、重すぎない。

マウスと一緒に並べることで、大きさをイメージしてもらえると思う。

小さいし重すぎない良いバッテリーだけど、専用品で4,900円はちょっと騙された感が強い。

私が勝手に騙されただけなので、ワークマンは何も悪くはない。

『ヒータースーツジャケット』に限らず、ワークマンは機能性重視の衣類が豊富なので、興味がある方・気になる商品がある方は、下記公式オンラインストアにアクセスしてみて欲しい。

直近の北海道出張で性能を検証

10月中に北海道帯広市への出張予定があるので、ワークマン ヒータースーツジャケット の性能を検証してくる。

10月であっても最低気温が0℃を下回る地域で、この『見た目スーツの上着』のヒータースーツジャケットがコート・ダウンの代わりになるのか。

身体を張って検証する。

興味を持った方は検証結果の記事を楽しみにして欲しい。

しかし、検証して風邪を引いたり体調を崩したら最悪なので、別の検証も含めて WarmGeek も移動時には嵩張るが持参をしようと思う。

2年着用しているWarm Geek

こいつは間違いなく最高に暖かいジャケット

Warm Geek に関しても近いうちに2年間利用したレビューを書ければと思っているので、興味がある方は期待して待っていて欲しい。

使用レビューをアップ

東京から北海道帯広市への出張にて『ワークマン ヒータースーツジャケット』の実力を検証した記事をまとめたので、続けてご覧頂ける方は下記リンクから飛んでもらいたい。

-生活向上