ガジェット・通信 生活向上

【アクティブスレンダー】互換品の交換パッドを試してみた【後編】

使うことでお腹周りのポッコリをスッキリさせることを実現するアクティブスレンダー

私自身が8週間使用して、目に見える効果を実証した非常に優秀な「EMS腹筋ベルト」である。

効果の検証結果を詳しく知りたい人は、こちらからアクセスして欲しい。

そんな優秀なアクティブスレンダーだが、消耗品の交換パッドの値段が高い。

本記事の前編では「割安の互換品」を購入した。

見た目と1回目の使用感では正規品と比較しても「まったく問題ない」という結論を出した。

その後、3週間使い続けてみた結論をこの「後編」ではまとめる。

結論は、性能に問題はないが、「人によっては肌がかぶれる場合も」である。

検証した互換パッド

Amazonで 6セット 約3,000円(1セットあたり500円程)で購入をした。

正規品が送料含め1セット 5,000円以上なので、約十分の一の価格感となる。

これが問題なく利用出来るようであれば、アクティブスレンダーの唯一欠点である、消耗品の価格が高く・維持費が厳しいという課題が無くなる。

購入・初回利用した結果

詳細は前編の記事に記載しているが、正規品と比較し

  • ピリピリを感じることはない
  • 受ける刺激に差はない
  • 粘着も問題なし

という結論だった。

シート自体の見た目・張り付けた後の感じも、正規品と大差がない為、あとは「一定期間使用してみて不具合が出てこないか」の検証を行うことにした。

上が非正規の互換品。下が正規品(使用済)。

3週間利用した結果

初回利用では正規品と大差無いとした互換品だが、3週間使用を継続したことで、予期せぬ不具合が起きた。

それは、互換品の部品に関わることではなく、私の身体的な部分に関してである。

肌が荒れた

百聞は一見に如かずと言うように、先にイメージを載せる。

モノクロ写真ではわかりにくいかもしれないが、赤枠のパッドが肌に当たる箇所に湿疹のようなボツボツが出来てしまい、肌荒れをおこしてしまった。

確実にこの互換品の影響だと言えるのが、パッドが肌に触れているところだけに発生したからである。

正規品を利用している際には一切発生しなかった事象なので、互換品利用の予期せぬ影響と言えるだろう。

私自身、肌が強いほうではない故の影響かもしれないが、性能面ではない面で不具合を実感した。

ちなみに、肌荒れは市販薬のオロナイン・処方薬のリンデロンVGを使うことで、肌荒れは良くなっている。

その為、検証として今でも互換品を継続利用しているが、使用後に上記薬を塗らないと、翌朝痒かったりすることがある。

性能は問題なし

肌荒れ問題はあるが、私個人の肌が弱いからという理由もあるかもしれないので、性能面に関しても検証の結果に触れておく。

①刺激の強度
 →正規品と相違なし

②パッドの粘着
 →正規品と相違なし

となり、互換品だから劣るという点はなかった。

課題を1つ挙げるとすれば、パッドを肌に確実に密着さえないと、ピリピリ刺激を受ける場合があるという点くらい。

正規品では、そこまで密着させずとも、ベルトをシッカリ締めれば問題なかったところが、

  • 肌にパッドをしっかり張り付ける
  • ベルトをきゅっと締め付ける

ということを意識して装着しないと、電流を流した際にピリピリが走る。

ここはコツが必要になるが、慣れてしまえば問題なしである。

正規品の方がお肌には安全

私個人の体験と見解としては、

お肌が強い人にはコスパ最高品として互換品をお勧めする

ただし、私と同じく肌がちょっと弱いという人とは、治療やリスクを考えると、正規品を購入したほうが安全だと思う

公式ページより引用

正規品 アクティブスレンダーの交換パッド

正規品の約十分の一の値段という利点が互換品にはあるが、それ相応の理由があると理解してもらえればというのが、検証の結果である。

私はまだ互換品が5セット残っているので、今回発生した予期せぬ不具合として「肌荒れ」がどのような条件下で発生するのか、もう少し体を張りながら検証する。

「1回40分なら問題なし」・「2回80分やると荒れる率が高くなる」というような、指標を作ってみたいと思う。

-ガジェット・通信, 生活向上