ガジェット・通信

【レビュー】Xiaomi Watch S1 Active セール活用でコスパ最強に

中国発のスマホ・家電ブランド「Xiaomi」にて、2022年末の話題は神ジューデンスマホの「Xiaomi 12T Pro」だろう。

そんな中、まったく話題にもなっていないスマートウォッチの「Xiaomi Watch S1 Active」を購入したので、購入理由と使用感をレビューする。

なぜ今更「Xiaomi Watch S1 Active」? 値段を考慮したら微妙では? と思っている人や、スマートウォッチの購入に迷っている人は是非一読してもらいたい。

Xiaomiのスマートウォッチは多品種・コスパ高

今や各メーカーが新商品をリリースしあっている「スマートウォッチ」。

Appleの「Apple Watch」が定番であるが、Xaiomi・GARMIN・Galaxy Watch・HUAWEI・Amazfit・Fitbit 等、様々なメーカー・価格帯の商品が市場には溢れている。

スマートウォッチに詳しくない人だけなく、そこそこ知識や経験を持つ人でも、何を使うか迷うところ。

そんな中で、「迷ったら選んどけ」と言いたいのが、高コスパ端末をリリースしている「Xiaomi」である。

「Xiaomi」のスマートウォッチの特徴は、用途に合わせて選べる機種が多数あることと、それぞれのコスパが非常に高いことにある。

各機種をざっくり説明する。

健康管理の為に手軽に毎日つけておきたい場合は、「Xiaomi Smart Band 7」

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥6,209 (2023/02/07 13:42:56時点 Amazon調べ-詳細)

安価に大画面を求める場合は「Xiaomi Redmi Watch 2 Lite」

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥10,600 (2023/02/07 13:53:18時点 Amazon調べ-詳細)

毎日つけるものだからオシャレさも追求したい場合は「Xiaomi Smart Band 7 Pro」

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥14,800 (2023/02/07 13:42:58時点 Amazon調べ-詳細)

スポーツで利用したい場合は「Xaiomi Mi Watch」

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥13,980 (2023/02/07 13:42:58時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネス利用でも違和感のない見た目を求める場合は「Xaiomi Mi Watch S1」

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥27,780 (2023/02/07 13:42:59時点 Amazon調べ-詳細)

というように、用途に応じて様々な形状と機能を搭載しているだけでなく、それぞれの価格は他社製品と比較して安価な設定となっている。

初めてのスマートウォッチ・何を重要視したらよいかわからない人は、まずはXiaomi端末で試してみるのがおすすめ。

私自身も初めてのスマートウォッチは「Xiaomi Smart Band」だった。

現在の最新は7だが、当時は5を購入し直近まで利用し続けていた。レビュー記事は下記。

Xiaomi Smart Bandは腕時計としては見た目が良くない

初めてのスマートウォッチ購入時には気づけなかったのだが、スマートウォッチは常に付けておくことで価値を発揮するのだ。

運動をする時に付けるだけでは、健康管理に必要な情報が不足する。

しかし、Xiaomi Smart Bandはビジネスなどで利用するにはあまりにもカジュアルすぎる形状・見た目。

その結果、私は「左腕には普通の腕時計」・「右腕にXiaomi Smart Band」という、カタールワールドカップで解説者としての評価が爆上がりの本田さんのようなスタイルになっていた。(決して本田さんスタイルを悪いとは言っていない)

長い期間使っていると、必然的に「一本にまとめたい」という願望が強くなり、別機種への買い替えを決意した。

最有力候補は「Xiaomi Smart Band 7 Pro」だった

ちょうど検討をし始めたときに、「Xiaomi Smart Band 7 Pro」グローバル版がリリースされ、その見た目のスタイリッシュさに惹かれた。

その後、日本後版もリリースされあと一歩で購入まで手が進みそうになったのだが、直前で踏みとどまった。

その理由は「見た目がスタイリッシュすぎて、おじさんには不釣り合い」と冷静に判断出来たからである。

下記商品紹介にある通り、女性が付けて美しいスマートウォッチ。

公式ページより引用

ということで、買い替え対象をまた探す日々となった。

Xaiomi Mi Watch S1 はちょっと高い

ビジネスでの着用も違和感がなく、おじさんが付けていても不釣り合いにならない商品となると、やはり「Xaiomi Mi Watch S1」が有力となった。

公式ページより引用

イメージではレザーストラップだが、フッ素ゴムストラップも付属しているので、運動をすることが前提なら普段からフッ素ゴムストラップで利用すれば良い。

Xaiomi Mi Watchの後継機種・高級版なので、スマートウォッチとしての機能も申し分ない。

しかし、その見た目と質感から、価格が3万円越えと高いのだ。

3万円以上するならば、もう少し出して「Apple Watch」を買う。

Xiaomiを選ぶ理由は圧倒的なコスパなので、自分の思考が脱線していたと反省。

ということで、再度買い替え対象をまた探す日々となった。

価格帯と見た目で絞ると Xaiomi Mi Watch

価格帯が高すぎない(出しても1.5万円まで)、普段・ビジネスで利用できるスマートウォッチで絞ると、必然的に機種は1つに絞られた。

202年4月に発売された「Xaiomi Mi Watch」である。

公式ページより引用

Xiaomiとしては、Xiaomi Smart Bandと同様に非常に売れた機種の一つである。

スポーツ向けの機種になるので、少しカジュアル感があるが、決して選べない訳ではない。

Amazon等で1万円ちょっと購入できるまで値下げもされているので、確実に買いなのだ。

ただ、「1年半前に発売された機種を今買うのは、なんだかなー」という私の勝手な気持ちで購入まで二の足を踏んでいた。

選んだのは Xiaomi Watch S1 Active

「Xaiomi Mi Watch」で決まりかと思っていたところで、ノーマークだった機種が候補に上がった。

結果としては「Xiaomi Watch S1 Active」を選定した。

値段を理由に諦めた「Xaiomi Mi Watch S1」のスポーツ向けモデルである。

S1シリーズであるが、実態は「Xaiomi Mi Watch」に近い感じだ。

しかし、リリース後の各YouTuber・ブロガーのレビューでは、軒並み「微妙」という評価だった。

機能としては、高級路線でリリースされた「Xiaomi Watch S1」と比較し、

材質が違う

ボディ
S1:ステンレス
Active:樹脂と部分的に金属

ディスプレイ
S1:サファイアガラス
Active:通常ガラス

となり、外観に違いがある。

高級感かスポーティー感かで相違点があるということ。

重さは軽い

S1:52g
Active:36.3g

材質が異なる為、重さにも違いが出ている。

充電方式が違う

S1:ワイヤレス充電
Active:マグネット式充電

技術的な違いが出ている。

ワイヤレス充電環境が整っている人は、S1を有効活用できそうだ。

設定価格は1万安い

S1:32,980円
Active:22,980円

材質(見た目の質感)・重さ・充電方式が違うことで、金額さが1万円。

機能的な差はない。

これならばActiveを選びそうなところだが、Activeは旧モデルの「Mi Watch」と大差がない。

「Mi Watch」が10,000円程で現在買えるので、大差がない「Active」が22,980円は高すぎる。

これが軒並み「微妙」という評価を受けた理由である。

では何故「Xiaomi Watch S1 Active」を選ぶに至ったのか。

答えはXiaomi公式オンラインでの限定セールで大幅値下げされたからである。

セールにて旧機種の「Mi Watch」と同じ価格感で買えるのであれば、選ばない理由はない。

公式オンライン3周年セールで半額

2022年12月16日(金)19時~22時までの限定セールで、なんと「Xiaomi Watch S1 Active」が半額になっていたのだ。

速攻で買う。

価格帯が高すぎない(出しても1.5万円まで)、普段・ビジネスで利用できるスマートウォッチの条件に当てはまった。

これにより、「Xiaomi Watch S1 Active」を選択したということだ。

実際に使用した結果

ここからは簡単に実際に使ってみた結果をレビューする。

外観

今回スペースブラックを購入したのだが、想定していた以上にシュッとしていて、普段使いにまったく問題がない。

文字盤も200種以上から選択が出来るので、普段使いに違和感ない柄でありつつ、歩数と身体情報がわかるものを選べば完璧だ。

私は下記を使っている。

バッテリー容量も一目でわかるので、使いやすい

文字盤の常時表示機能を有効にしておけば、時計としての機能にも不便はない。

※常時表示の際の文字盤イメージは通常時と異なる。バッテリー節約が目的だと思う。

ディスプレイは傷がつきやすい通常ガラスなので、保護フィルムを張り付けたあとの状態である。

保護フィルムはPDA工房の商品。

アプリとの連携

「Xaiomi Mi Watch」は「Mi Fitness」アプリと接続して利用する。

Mi Fitness

Mi Fitness

Beijing Xiaomi Co., Ltd無料posted withアプリーチ

アプリ上でのデバイス認識に躓くことはなく、簡単に接続・連携が出来る。

Xiaomi Smart Band 5を利用している時のアプリは Zepp Life だったので、アプリが変わることの抵抗は若干あったが、使い始めたらなんてことはない。

私自身は「Mi Fitness」の方が単体利用では使いやすい。

ただし、特定の体組成計としか連携が出来ないという点は、人によってはマイナスポイントになるかもしれない。

GPS精度

ランニングを測定した結果としては、そこそこ精度は高いとは言える。

実際の形跡としては、曲がり角、直進道路の左右どちらを走ったか等も正確に表記していた。

曲がり角でワープしていない

直進道路の左右歩道も認識

稀にワープはしていた

公園の中を突っ切るようなヤンチャなことはしていない。

稀にワープが発生したので、「そこそこの精度」という評価にさせてもらった。

ただ、許容範囲のズレなので、実用にまったく問題はない。

1万円ちょっとでここまで制度の高いGPSが入っていると思えば、コスパ最強だ。

睡眠計測

これは今まで利用していたXiaomi Smart Band 5・Zepp Lifeアプリよりも正確にとれており、自分の睡眠の質・周期の理解が出来る。

レム睡眠後半で目覚めるように調整出来たりすれば、睡眠のプロになれる。

ちなみに、睡眠の質は「充電式ホットアイマスク」を利用してから劇的に良くなった。

全人類に進めたい。

通知機能

iOS版は安定しないとの報告があるが、Android(Pixel7)で利用する限りは一切問題なし。

電話・メール・LINEを通知の対象にしているのだが、ちゃんと動作している。

通知のバイブレーションの強度を、「デフォルト」・「強」から選択が出来るので、「強」で利用すれば通知を逃すこともない。

活動記録

歩数・消費カロリー・活動時間という日常生活で行った運動の記録がしっかりと取得され、アプリでわかりやすく表示してくれる。

ジョギングなどのワークアウトの結果も正確。そしてアプリで振り返りやすい。

Xiaomi Smart Band & Zepp Life と比較すると、わかりやすくて良くなったという評価をする。

後継機種S2の発表

公式ページより引用

先日Xiaomiは「Xiaomi Watch S2」の発表を行った。

体組成測定に対応したり、サイズの違うモデルを2つ展開したりと、進化が見られる。

ただし、逆にその程度の進化と捉えることも出来る。

価格は
42mmモデル・999元(1万9000円)から
46mmモデルが1099元(2万1000円)から
となっている。

日本語版として日本に入ってくるときはもっと値上げされる可能性有。

型落ちの Xiaomi Watch S1 Active はねらい目

今回、私が格安で「Xiaomi Watch S1 Active」を購入出来たのには、「Xiaomi Watch S2」のリリースによる旧機種の在庫裁きが背景にあるのかもしれない。

新しいものはいいものに決まっているが、価格感が折り合わなければ購入できない。

それよりも、値下げされた優秀な機器を手に入れるというのは、ある意味賢い買い方だ。

そんな賢い人々に、「Xiaomi Watch S1 Active」は非常におすすめ。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥22,980 (2023/02/07 15:25:12時点 Amazon調べ-詳細)

Amazon・楽天等ではまだ大幅値引きはされていないが、どこかでガツンと下がるところがあるかもしれない。

興味がある人はチェックをして欲しい。

-ガジェット・通信