ガジェット・通信

【考察】Pixel 7 / 7 Pro 購入者のクーポン・ストアクレジットの使い道【Pixel Tablet】

予約特典を利用すれば実質0円だったPixel 7、実質27,800円だったPixel 7 Proを購入した人は、現在もらったクーポン・ストアクレジットを何に使おうか模索している時期だろう。

今回は私が検討している使い道を一例としてまとめる。

結論は「Pixel Tablet が待ち遠しい」である。

Google Pixel 7 / 7 Pro 予約購入者の特典

現時点で未使用の人は、2つの特典が手元に残っているはずである。

  • ストアクレジット(Pixel 7 は 21,000円分、7 Pro は35,000円分)
  • Googleストアで使える15%OFFコード

ストアクレジットを含めて実質0円のPixel 7、実質27,800円のPixel 7 Pro。

もし使わないなんてことが続けば、実質の負担額が増えただけになる。

それはもったいないので、絶対に使うべきなのだが、現時点のGoogleストアで販売している商品に魅力的なものが無い。

ビックリするくらい魅力が無い

しかし、2つの特典には有効期限がある。

ストアクレジットと15%OFFコードの有効期限

ストアクレジット:2023年10月前後

ここはPixel 7 / 7 Pro を受け取った日によるので人によって期日の前後はあると思う。

15%OFFコード:2023年3月31日まで

Googleはクーポンをわりと配ってくるので、この他にも保有している人はいるかもしれないが、Pixel購入時に入手した15%OFFクーポンの期日は3月31日までと迫ってきている。

これも使わないのはもったいない。

けれども、買うものが無い。

現状のGoogleストアのラインナップから何故買うものが無いかを私なりに考察する。

Googleストアのラインナップと考察

現在販売されている商品に魅力が無く、「買うものが無い」のは何故なのかを一部商品をピックアップして説明する。

Google Pixel Watch

デザイン・機能としては、さすがGoogleと言える商品なので、私の構想ではストアクレジットを使って「Google Pixel Watch」を購入しようと思っていた。

39,800円の商品なので、15%OFFで33,830円。

そこからストアクレジット21,000円を引くと12,830円で購入が出来る。

35,000円分のストアクレジットを保有している人は0円。

買わない理由がない!!

しかし、結果的に私は購入をしていない。

それは、「バッテリーが実際は1日も持たない」という致命的な欠点があったから。

スマートウィッチにとってバッテリーは命である。せめて2日は持ってもらいたい。

せっかくの機会だったが、これでは買えない。

結果、私は「Xiaomi Watch S1 Active」を購入している。

Google Pixel Buds Pro

アクティブ ノイズ キャンセリングを搭載し、高品質を売りにするワイヤレスイヤホン。

23,800円の商品なので、15%OFFで20,230円。

そこからストアクレジット21,000円を使えば、0円で購入が可能である。

タダで手に入ると思えば、これは悪くない選択である。

それならば、私自身こちらを購入すれば良いのだが、買う気はない。

なぜなら、0円で手に入るとはいえ、

ワイヤレスイヤホンに実質20,000円以上を使うのはもったいないと思う。

だったら、別の商品を買った方が良いという気持ちが勝るのだ。

更に、現在「SOUNDPEATS Mini Pro HS」と「Anker Soundcore Life P2 Mini」を利用しているので、これ以上イヤホンは不要。

検討から外れた。

Google Nest Hub Max

Googleアシスタント対応の10型スマートディスプレイ。

28,050円の商品なので、15%OFFで23,843円

そこからストアクレジット21,000円を引くと2,843円で購入が出来る。

安い!安すぎる!!けれども用途が思いつかない。

タブレットでいい。

ということで、検討から外れた。

買うものがない

一部を例として記載したが、私が保有しているストアクレジット21,000円を使い切れる価格帯に、魅力的な商品が無いのだ。

このままでは、Pixel 7 をもう一台買うという訳の分からない行動に出るしかなくなってしまう。

その為、今はまだ使わずに保有し続けることにした。

2023年度中に購入したい製品がリリースされる予定だからである。

それが、Pixel Tablet だ。

Pixel Tabletに期待

Google I/O 基調講演からキャプチャ

Googleは2022年5月の「Google I/O」にて、Pixelシリーズ初のタブレットとなる「Pixel Tablet」を2023年に発売すると発表した。

Pixel 7 /7 Pro で使われている「Tensor G2」をSoCに搭載するようなので、処理性能も期待できる。

中華製品で溢れたAndroidタブレットの市場に、一石を投じてくれることを願いたい。

Google I/O 基調講演からキャプチャ

iPadが大幅値上げをした現在、タブレット=iPadの構図が崩れてきている。

お求めやすい価格・余裕のあるスペックでのリリースを期待したい。

完全に私の勝手な希望だが、ipadと同じ価格帯の5万円程でリリースしてきた場合、ストアクレジット保有者は3万円以下で購入が可能なのだ。

もし、3月31日前にリリース・購入が可能であれば、15%OFFクーポンも利用できるので、更に安価に手に入れることが出来る。

2023年中がいつになるのか、すごく気になる。ソワソワする。

そして、高くても5万円以内で販売をしてくれることを願う。

電子書籍・動画等、スマホの小さい画面よりも大きい画面で見るべきコンテンツが増え続けていることで、今やタブレットは1人1台持っていて良い時代。

ストアクレジットの使い道に迷っている人は「Pixel Tablet」を候補にしてみてはどうだろう。

私はストアクレジットの期限ギリギリまでは待つ!!

-ガジェット・通信