ガジェット・通信

【スマホ用三脚・自撮り棒】ノーブランド・中華商品でも十分だった【Bluetoothリモコン付き】

家族の集合写真やブログ内での経過観察写真撮影を目的に「スマホ用三脚」を購入した。

Amazonで「スマホ 三脚」・「自撮り棒」などと検索すると、山のような検索結果がヒットする。

この分野の商品は、誰もが知っているメーカー品は無く、ネームバリューで商品を選ぶことが出来ない。

その為、物は試しとして「Amazonおすすめ」のマークが付いていて、評価も良いノーブランドの中華商品を購入してみた。

結果、値段以上に機能性と使い勝手に大満足だったので、レビューを行う。

スマホ用の三脚・自撮り棒の購入検討をしている人は、是非参考にして欲しい。

スマホ用三脚・自撮り棒は中華製品だらけ

スマホ用三脚・自撮り棒の分野に限らないが、Amazonには「令和最新」・「2022年最新」・「改良版」等といった「いかにも中華製品」がたくさん存在する。

もちろん、パソコン周辺機器を作っている名の知れたメーカーの商品もあるのだが、「これじゃない感」や「値段が少し張る」といった感じで、即断出来るものがない。

かといって、「いかにも中華製品」はレビューも信用出来ないので購入しにくい。

気になった商品に対しては、「サクラチェッカー」を使用して信頼性の確認を行うのだが、どれもサクラ度が高くて逆に参考にならない。

サクラチェッカーより引用

Amazonおすすめ品を信用してみる

レビューを参考に出来ないとなると、何を信用してよいのか。。。

Amazonには利用者には嬉しいマークがある。

「ベストセラー」・「Amazonおすすめ品」という目印だ。

「ベストセラー」は、カテゴリの売り上げランク上位の商品に付くマーク。

「Amazonおすすめ」は、明確な理由の記載はないが、「Amazonが独自の評価指数を用いて利用者におすすめと判断した商品」に付くようだと言われている。

ということで、サクラ度が高くても「ベストセラー」や「Amazonおすすめ」のマークがあれば、信用して良いと解釈して、今回は「Amazonおすすめ」の中華製品を購入した。

2022年最新ミニ、安定モデルを購入

実際に購入した商品は下記。

清清しいほどの中華ネーミング。

「Amazonおすすめ」のマークがなければ絶対に購入はしなかっただろう。

実際に届いた商品が下記。

早速だが、「さすがAmazonおすすめ品」と言えるポイントが一つある。

取扱説明書の日本語がおかしくない。しっかりとした日本語・文章。

当たり前のポイントではあるが、怪しい中華製品にヘンテコ日本語の取扱説明書が付き物。

取扱説明書がまともなだけで安心できてしまう。

この商品、開封時点での信頼度高し!!

実際に利用したイメージ

早速商品を使ってみったところ、「三脚・自撮り棒」として、何不自由なく利用出来た。

三脚(低いバージョン)

三脚(高いバージョン)

自撮り棒

  • スマホホルダーはがっちりと固定されて安心
  • 三脚は土台が安定していて安心
  • 自撮り棒もしっかりと固定されて持ちやすい

という使用感で、何一つ不満がない。

Bluetoothのリモコンも問題なし

三脚・自撮りに「Bluetoothリモコン」は必需品。この商品ももちろん付属している。

三脚で使用するイメージ(リモコンを取り外す)

自撮り棒で利用するイメージ(収納部に入れる)

三脚・自撮りで使い分けが出来るので、こちらも使い勝手に何一つ不自由がない。

Bluetooth接続も一発で接続出来たし、2回目以降はボタン長押しで電源を入れれば自動で接続される。

欠点が一つもない。もうこれで良い!!

Amazonおすすめ品は中華製品でも安心

怪しさしかない中華製品であったが、実際に購入・使用をした結果、何も問題がなかった。

そうなると、値段が安い「Amazonおすすめ品の中華製品」は非常にコスパの高いガジェットと言える。

スマホ用三脚・自撮り棒の購入検討をしている人は参考にして欲しい。

最近のAmazonには「怪しい中華製品」が溢れかえっていて、嫌気がさす状況ではあるが、それでもしっかりとした製品は有り、うまく利用すればお得に良いものが購入できる。

とりあえず「Amazonおすすめ品」は安心できそうだ。

では皆様、良い買い物を!!

-ガジェット・通信