ガジェット・通信 生活向上

【スーツに合うスニーカー】アディダス アドバンコート ベース ブラック 耐久性を確認してみる

 スーツに合うスニーカースタイルを本気で考えてみる のシリーズ記事として、これまでに購入・着用してきた4足の耐久性がどれほどかをそれぞれレビューしていく。

今回は、2足目として「アディダス アドバンコート ベース ブラック」を確認する。

ビジネスシューズとしてしか履いていないので、きれいな方だと思うが、実物のイメージを載せながら耐久性を評価していく。

スニーカーの寿命

ソールが削れたり、インソールがボロボロになる等、買い替えるきっかけは異なるが、通常スニーカーの寿命は3~5年と言われている。

ただ、それはすべて履き方に影響する。

毎日同じ靴を履き続けた場合は1年でボロボロになるし、日々異なる靴をローテーションで履いていれば、それだけ寿命は長くなる。

私は、ビジネスでスニーカー3足をローテンションで履いている。それ以外に、雨の日専用の1足もある。

ローテンション履きを前提とした結果、どのような状態になっているかをまとめる。

アディダス アドバンコート ベース ブラック の概要

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥3,980 (2023/02/07 18:09:21時点 Amazon調べ-詳細)

2021年10月に購入したスニーカー。

素材が合成皮革ではあるが、綺麗なシルエットをしているので、見た目は悪くはない。

合成皮革である故に価格も安くメンテナンスも容易である一品。

安価で使い勝手の良いスニーカーでありながら、ビジネスで履いても悪目立ちしない優秀なやつである。

購入時の状態

人工皮革なので艶や風合いはないが、型崩れしなそうながっちりした作り。

オールブラックなのでビジネスで履いても問題ない見た目。

ハニカム構造のアウトソール。

クッション性が高く履いていて疲れにくいのが特徴。

ただ、耐久性がなさそうなのが購入時に心配だったところ。

ここの部分が1年3ヶ月程でどうなったかをチェックしたい。

3ヶ月経過の状態

傷や擦れは無く、綺麗な見た目。さすが人工皮革。強い。

少し足に馴染んだ感じ程度に型は崩れているが、悪い印象ではない。

むしろ人工皮革なのに「ここまで足に馴染む感じに変形するのか」という印象を持った。

踵はほとんど削れておらず、耐久性は高そうだ。

ただ、1点問題があった。

右足側の踵の「adidasロゴ」の紐がほつれている。

靴を履くときに負荷が最もかかる箇所なので、補強の目的で別の布が縫い付けられている部分だが、その糸が切れて縫い目がほつれている。

垂れ下がった糸は切ってしまい、接着剤などでこれ以上悪化しないように補強を行った。

この程度であれば許容範囲だ。だって3,000円台で購入できるスニーカーだし。

たた、ここが1年半経過でどうなったかは確認しなければならないポイントだ。

1年3ヶ月経過の状態

目立つ傷は無く、未だ綺麗な状態。

人工皮革だけあって、型崩れも型崩れもほぼ無いと言ってよい。

3,000円台で買えるスニーカーなので、1年程でボロボロになるかと思っていたが、嬉しい誤算だった。

踵のハニカムは予想通り削れていた。

しかし、雨が染み込むような穴は空いていないので、実用に支障は一切ない。

むしろ1年以上履いてこの程度の削れ具合であれば、踵の耐久性は高いと断言できる。

踵を後ろから見たイメージ。

すり減ってはいるが、履いていてみっともない程ではない。

あと半年・一年は履けそうだ。

ただ、3ヶ月経過のレビューでも記載したが、踵の「adidasロゴ」の紐がまたしてもほつれている。

前回は、ほつれた糸を切って、接着剤で補修したが、別の箇所がほつれたようだ。

拡大したイメージは下記。

正直ここのほつれだけが欠点。

言い換えるとそれ以外に欠点らしいことは見つからない。

更に、この程度のほつれであれば、補強すれば良いだけなので、結果として「選ばない理由がない」スニーカーと判断できる。

何度も言うが、3,000円以下で1年3ヶ月履いてこの状態は、コスパが高すぎる。

アディダス アドバンコート ベース ブラック は耐久性が高い

1年3ヶ月履いて、シルエットに崩れは無いし、目立つ傷もない。

人工皮革は劣化すると汚く見えるが、アディダス アドバンコート ベース ブラックはそもそも劣化しにくい。

私の履き方がビジネス靴として使っているので、激しい消耗が無いからかもしれない。

ということは、ビジネス利用には全く問題ないと言うことも出来る。

アディダス アドバンコート ベース ブラックは、「コンバース レザー オールスター クップ OX」同様、しっかりとメンテしながら履けば、長く履ける一足という結論。

踵も削りやすい私が履いて「この程度」であれば、「強い」と言ってよい。

耐久性はかなり高いと判断できる。

日々のメンテにはグローブシャインがおすすめ

人工皮革だからと言って、手入れをしなければ靴はすぐダメになる。

私が「アディダス アドバンコート ベース ブラック」を綺麗に履き続けることが出来ている理由は、日々簡単に汚れを落とすメンテナンスをしているからである。

メンテナンスと言っても大それたことはしていない。

グローブシャインで帰宅後に表面の汚れ落としと艶出しをしているだけ。

結構汚れているが、まだまだ現役。

クリームを塗ったりということは一切していない。

だって人工皮革のスニーカーだからね。

グローブシャインでササっとメンテすれば良いだけというのも、「アディダス アドバンコート ベース ブラック」の大きな利点である。

ビジネススニーカー引退後は普段靴としても使える

私の「アディダス アドバンコート ベース ブラック」はあと半年・1年程でビジネス用の靴としては引退をすることにはなると思う。

ビジネスで履く以上、ヘタった靴を履き続けるのはNG。

しかし、スニーカーであるが故、ビジネス環境は引退しても、普段靴として活躍する場が残っている。

俗にいうセカンドキャリアだ。

「アディダス アドバンコート ベース ブラック」はもともとカジュアルスニーカー故、十分普段履きでもお洒落なスニーカーだ。

スニーカーをビジネスで利用するということは、その後の使い方も楽しめるという「一石二鳥」の方法である。

良いことしかない。

革靴より疲れにくいだけでなく、経済的でもあるスニーカースタイル。

全サラリーマンにおすすめしたい。

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥3,980 (2023/02/07 18:09:21時点 Amazon調べ-詳細)

-ガジェット・通信, 生活向上