生活向上

【手汗 治療 2ヶ月経過】アポハイドローション20% で保険適用治療開始【完全には無くならない】

掌(手のひら)に汗をかきやすく、悩んでいる人に向けての事例情報として手汗治療を記録に残す。

2023年6月に保険適用が認められた「手汗用の外用薬」が登場した。

久光製薬が開発した原発性手掌多汗症治療剤「アポハイドローション20%」という名称で、1日1回就寝前に手掌に塗布することで効果を発揮する外用薬である。

手汗歴(意識してから)30年の手汗マスターが、この治療薬を使用してみた結果として、どれだけの効果を実感出来たかを記録として残す。

手汗に悩む仲間全員の参考になれば幸い。

今回は投薬60日(2ヶ月)経過の記事となり、私自身の投薬効果の結果をまとめる。

結論は

投薬をし続ければ手汗は減少する。しかし、投薬を止めると効果も減少する。

である。

手汗の治療法とアポハイドローション20%の概要

  • 日本初の原発性手掌多汗症治療剤
  • 1日1回、就寝前に適量を両手掌全体に塗布することで効果を発揮
  • 国内での試験において効果が検証された
  • 皮膚の炎症・口渇などの副作用のリスクはある

となり、手汗治療の中では非常に手軽に試すことが出来る方法。

4週間程投与し続けることで、発汗量が50%改善する事例もあるようで、効果を期待したくなる塗り薬だ。

「アポハイドローション20%」の使い方

私は久光製薬の「アポハイドローション20%」の使い方冊子にある説明通りに行っている。

寝る前に塗るだけの治療法。

非常に簡単な方法だが1点だけ注意する必要がある。

「アポハイドローション20%」を塗った手で目をこすってはならない!

睡眠中だと無意識にこすってしまう可能性があるので、私は綿手袋をして就寝している。

正直ちょっとうざったくて寝苦しい感じはするけど、目の安全を確保するためと思えば我慢できる範囲。

投薬開始前と1ヶ月経過の比較

写真で手汗を表現するのは難しいのだが、記録を残さないと効果が証明できないので、投与前の掌(手のひら)を載せる。

少しでも手汗っぷりが分かりやすいように、ライトの光を当てたイメージとなる。

投薬開始前

全体的に神々しく輝いている。掌だけでなく指も手汗がすごいので、全体が手汗まみれである。

30日(1ヶ月)経過

掌の赤身(体温)は同じなのだが、確実に汗をかきにくい状態に変化している!

30日(一ヶ月)経過の時点で、

これは確実に効果有り!!

と言っていい状態になった。

もちろん、過ごしている場所・気温によるのだが、今まで100%手汗まみれだった暑い屋外にて、手汗をかいていないときがある。

意識の変化も大きく、今までは何をするにも手を使う際に手汗を意識したのだが、現在はその頻度も思い返すと減っている気がする。

手汗民にしか伝わらない表現化もしれないが、投薬1ヶ月でここまでの変化を手に入れた。

60日(2ヶ月)経過

状態は1ヶ月経過時点と大きな変化はない。

ここまで使っていると、「今日は寝る前に塗るのが面倒」・「出張先に持っていくのを忘れた」という理由で投薬しない日も出てきた。

それでも1ヶ月経過時点と同じ状態なので、効果が維持していると思うことは出来る、

ただ、考え方を変えると、これ以上の改善を望むのは難しいということでもある。

確かに手汗を意識する機会・タイミングは減った。

しかし、手汗が出始めたらそのままかき続ける。

完全なる治療にはならないことを実感。

それでも頻度が減るだけでもかなり助かるので、私のような手汗民には一度試してみる価値は有りと伝えたい。

投薬をし続けるよりもピンポイントでの使用が吉

薬が切れたタイミングでお医者さんに相談した。

  • 確実に手汗の頻度は減ってきている。
  • 投薬は一生続けなければ、また元に戻るのか?

という内容だ。

それを受けてのお医者さんの返答内容は

  • 常に抑制したいのであれば投薬し続ける必要があるが、完全に手汗を無くすことは難しい
  • 効果があることが実感出来たのであれば、手汗をかきたくない日の前日に投薬するという柔軟な対応も有り

これが一つの事実。

絶対に治るとは思っていなかったが、想定していたよりも効果が薄い・持続性が無いことは残念な結果だった。

毎週1,000円弱の経済的負担もあれば、寝る前に必ず塗り込み布手袋をして目を守るというルーティーンも結構つらい。

そうなると、確かにお医者さんの言う通り、「手汗を抑制したい前日のみ投与」が現実的な付き合い方なのかなと私は結論付けた。

ただ、「手汗を抑制したい前日」=「そんなの毎日だよっ!!」という感情もある。

2ヵ月利用してみて、継続で効果が出ることは確認できたので、今後は少し投薬頻度を減らしてみての推移を確認しようと思う。

手汗民同士への参考情報になればと思い、今後も経過記事はタイミングをみてアップしていく。

-生活向上